接客のアルバイトで学んだことを教えます!

居酒屋での接客シーン

接客業は、単純に人と接するだけではありません。さまざまなことを学べる場所でもあるのです。しかし、接客業の経験がない人にとってはどんなことを学べるのか、という疑問も出てくるのではないでしょうか。こちらでは、どんなことが学べるのかについて見ていきましょう。

 

気持ちのコントロールが学べます!

ヨガの瞑想

接客業で学べることと言えば、やはり気持ちのコントロールをできるようになるということでしょう。飲食店には、さまざまな人が訪れます。その中には、いい人もいれば嫌な人もいるのです。いい人ばかりが訪れる飲食店は、ほとんどないと言ってもいいでしょう。中には八つ当たりのような理不尽なクレームを入れてくるお客様もいます。お客様は神様、という言葉が昔流行っていたように、飲食店で働く以上は気持ちを抑えないといけません。

 

感情のままに行動することは簡単ですが、その結果働いている店の評判を落としてしまうことになるのです。それが、例えスタッフ側が悪くないことでも店の評判は落ちてしまいます。つまり、飲食店のスタッフとして働く以上、店の看板を背負っている自覚を持たないといけないので、嫌なお客様にも笑顔を出せるように感情のコントロールができるようになります。

 

コミニケーション能力の学習!

コミニケーションと取る販売店員

他にも、コミュニケーション能力も学ぶことができるのです。飲食店はひとりで仕事をする場所ではなく、他のスタッフと連携して働く場所です。他のスタッフと協力をし合うことによって、独りよがりの仕事にならず、周囲の状況を見極められるようになるのです。周囲を見極められるようになることで、視野が広くなり、自分ができること、周囲ができることが分かるようになります。

 

特に、ウェイターなどのホールスタッフはスタッフだけではなくお客様のことも見ておかないといけないので、視野を広く持ちたい人にはうってつけの仕事と言ってもいいでしょう。飲食店のアルバイトは、さまざまなことを教えてくれます。例えば、普段何気なく言っている「ありがとう」という言葉の重みを感じることができます。お客様から言われることもありますが、多くはスタッフが言う言葉です。

 

来店してもらう感謝の気持ちを伝えなければいけないので、1日で数えきれないほどの感謝の言葉を口にするでしょう。感謝の言葉を言う回数が多くなれば、言葉の重みが軽くなりがちですが、どんな時に感謝をするのか、感謝の言葉を言うことで言われた相手がどんな気持ちを持つのかを考えるようになるのです。飲食店のスタッフは、感謝の言葉を言えば言うほど、その重みに気づくようになります。感謝の言葉の重みを知っている人は、人として成長できると言われているのです。

 

行動力が鍛えられる!

行動的なビジネスマン

更に、自分で何をするべきかということも考えられるようになります。飲食店はお客様が多ければ多いほど、指示を待って動くことが出来ません。なぜなら、指示待ちをしている時間が無駄になってしまうからです。指示を待っていていいのは、働き始めの数日から長くても1週間程度でしょう。その間に、先輩たちから教えられ、先輩たちの仕事を見て、自分でどう動くべきかを考えるようになります。

 

自分で考えて動く、というものは誰かに教えられるのではなく、自分で考えるようにならないといけません。一度身に着くと、それが離れることはないので飲食店だけではなく他の職種にも役立つスキルなのです。どんな職種の人でも、積極的に動く人の方が優秀な傾向があるのは、こういった理由があるからでしょう。

 

専門スキルのアップもできる!

前へ踏出し歩き始める

料理人として働いていた場合は、料理スキルのアップが期待できます。ファミレスやカフェなどの場合、ひとつの料理に時間をかけることはできません。美味しくて見栄えが良い料理を素早く作れるようになるのも、飲食店ならではのメリットでしょう。他にも、難しそうな料理を簡単に作れるようになるなどさまざまなメリットがあるのです。

 

ホールスタッフ、料理人、飲食店は職種問わず学べることが多い職種と言ってもいいでしょう。


まとめ

まとめの吹き出し

先述したように、飲食店で働いて身に着いたスキルは他の職種で役立つものが多いです。そのため、飲食店のアルバイト経験がある人とない人が社会人になった時には大きな違いがあります。経験がない人はこれから学ばないといけないのですが、経験がある人は既に学んでいるからです。そのため、経験がない人と比較して大きなスタートダッシュができると言っても過言ではないでしょう。

 

飲食店のアルバイトと言うと、比較的簡単なイメージを持つ人がいます。しかし、実際は覚えることなどが山積みなので、決して簡単にできる仕事ではないのです。特に忙しい時間帯は自分で考えて、効率良く動かないと飲食店の利益にも関わってきます。ただ、勘違いしてはいけないのが決して難しすぎる仕事ではないということです。飲食店ごとにマニュアルがしっかり整っているので、最初はそれらを見て仕事をすればいいです。仕事をしていく上で、どうすれば効率が良くなるかなどを考えて行くようにしましょう。